就活や面接時の持ち物としての時計。やはりひとつは用意しておきたい必需品

面接時の身だしなみとして、服装や髪形、化粧などの注意事項は意外とたくさんあります。

細かいと思われがちな項目ですが、第一印象に気を配るためには、漏れのないように注意すべきです。

その中でも、持ち物として身に付けていくものも気になります。

自分が持っているものの中で、

あなた

これを身に付けて行って大丈夫かな?

と不安に思うことがありませんか?

なかなか聞くことはできなけど気になる小さな不安?

今回はその中の「時計について、注意点をお伝えします。

就活に時計はそもそも必要か?必要です!

就職活動には腕時計は必需品です。

普段使わない人も、ビジネス用の腕時計をひとつ用意しておくべきです。

現代に生きる皆さんにとって必需品であるスマホがあれば、基本的に腕時計は必要ないというのが、現状です。

ふだん大学に通うときも、腕時計は使わず、時間をチェックするのはスマホが多いと思います。

ブレスレッドのようなファッションアイテムとして着用することはあっても、時間を調べるという機能から時計の必要性を感じている人は多くないと思います。

蹴活はそもそもビジネス活動である

就活はビジネスの世界との接点です。

マナーやエチケットの部分でも、ビジネスの世界で通用するような、身だしなみや所作(しょさ)を知っておく必要があります。

ビジネスの世界なんて言い方をすると、少し大げさに聞こえるかもしれません。

でもあなたが接する面接官や、説明会担当者、OBの先輩など、みなさん実社会で活躍しているビジネスマンです。

その人たちが、あなたを採用するかどうかを判断するのです。

ですから、皆さんも心構えとしてビジネスの世界の基本は身につけて、就活にのぞむべきです。

特に時間に敏感になることは、ビジネス社会の基本です。

ビジネスの世界はあらゆるものが時間で動いているからです。

決められた時間でビジネスは始まり、予定された時間でビジネスは完結するものです。
要は、「時間厳守」が大原則だということ。

ですから、これから社会人となるみなさんも時間には神経質にならなければならいないのです。

時間を気にするために必要なものは、時間を知る「時計」です。

時計はビジネスマンに必要不可欠なアイテムなのです。

なぜ就活でスマホでなくて時計なのか

例えば控室で面接を待つ時間、

会社

あと10分で次の組の方をご案内します

と言われたとき、ポケットからスマホを取り出して時間を確認する行為はどうでしょうか。

控室でのNG行動のところでお伝えしたように、スマホの操作は意外と目を引きます。

控室ではスマホ操作はやらないほうがいいでしょう。

自分の手帳を見たり、その会社のパンフを確認しているほうが望ましい姿です。

キミ

時間を見ただけだよ

と思いますが、スマホをいじっている学生と思われるのは得策ではありません。

紛らわしい行為です。

そんな時、腕時計をしていれば、さっと腕を傾けて時間の確認はできます。

またグループディスカッションの時に、割り振られる「タイムキーパー」を担当するとき。ここでも会社の人たちが見ている中で、

あなた

あと〇〇分で発表の時間です。そろそろまとめに入りませんか?

とグループの方向性をゴールに導くとき。

時計を腕から外して、時間を計測する場面もあります。

その時に会社の担当者は、あなたの行動に注目しています。

当然のことながらあなたの腕にも目が行ってしまいます。

このときにスマホでタイムキーパーをするのは、印象としてどうか考えてみてください。

就活ではどんな時計が好ましいか

では腕時計を着用していこうとなった時に、どんな腕時計がいいのでしょうか。

時間が確認できるという機能があれば、どんな時計でも用は足ります。

ここで、身だしなみとか第一印象の注意点を思い出してください。

学生らしい第一印象が効果をもたらすと話しました。

ビジネスの世界のとびらをたたこうとしている学生としてふさわしい時計は何でしょう。

答えは簡単です。

デザインの控えめな、華美にならない腕統計です。

親や大切な人にプレゼントされた時計には、とてもデザインのかっこいいタイプや、マニアにはよだれの出そうなフォルムの時計もあります。

それはそれで、別のシーンで着用していけばあなたは注目のまと、羨望のまなざしを受けるのですが、そんなまなざしは就活では必要ありません。

そうです。

勘違いをしてはいけません。

面接では時計をアピールするのではありません。

あなたのキャラクターを知ってもらう場所なのです。

ですから、就活用として購入するのであれば限りなくシンプルで、派手にならないデザインの腕時計をひとつ持つべきです。

  • デジタルでもアナログでもどちらでも
  • 黒いスーツなら、黒系のあまり貴金属部分が目立たない時計
  • もしくはシルバーの時計
  • ゴールドの時計はやめた方がいい
  • 単色(黒や紺)の「G-SHOCK」はあり。 (学生らしい)
    ヘッドが大きくないオーソドックスなタイプ
  • 女性はあまりジュエリー的な装飾がないもの
  • キラキラしていないもの
  • ベルトもシンプルな皮や細身のものがベスト

就活の時計:ブランド品の時計は?

エルメスやロレックスなどのブランド中のブランドの時計。

確かにおしゃれで持つ人を引き立てくれそうです。

しかし、それが面接の場にふさわしいでしょうか。

ブランドであることが必要でしょうか。

ベルトもブランドのイニシャルでデザインされたものは、見る人が見れば、「あー、あのブランドだ」とわかります。

ですから、派手な時計、デザインに奇抜さがある時計、いかにもブランドですと言いたげな時計はやめましょう。

控えめなデザインで、それほど華美な印象がなくても、一発でブランドだとわかるものは、やはりやめておくべきです。

ビジネスの世界での身だしなみ基準

ビジネスの世界には、お客様に不快な思いをさせないためであったり、制服の統一感を明確にするために、美容基準とか制服着用基準というものを設定して、厳しく管理しています。

その業界で一流と言われている会社であればあるほど、その基準は細かくて、厳しく徹底を指示されます。

基準が厳しい理由は、お客様に不快感を与えてしまうから。

不快感とは言わなくても、好印象を得にくいからなのです。

買い物に来た客さまの応対をする店員が、数十万円もする腕時計をして接客しているのを見て、あなたはどう感じますか?

少しでも安くていいものを手に入れようと店を訪れたお客さまに、

店員

こちらはお買い得な商品になっております

といって品物を勧める従業員の手に、ロレックスのゴールドの時計が輝いていたら、その店で買う意欲は減少すると思います。

身だしなみ基準の厳しい業界の例

特にサービス産業で、中でも特に直接お客様と接する業務が中心の業界では、想像を絶するくらい厳しく指導されます。

その代表が、エアラインのCAの世界。

それも世界の中でトップクラスの評価を得ている日本の航空会社では、マニュアルの相当のページ数を割いて、美容基準や制服着用基準を設定しています。

また設定するだけでなく、新人訓練や、現場での指導の際に徹底的に見られます。

その場で注意され、改善されない場合には仕事につけないことも多々あるのです。

ここは、特にサービス業を目指す就活生にはしっかりと伝えたい部分ですので、別の機会に詳細にお伝えします。

まとめ

ビジネスの世界での見た目や第一印象は、いろいろな場面で注意が必要です。

それが仕事の成果に直結してしまうこともあります。

なので就職活動でも、成功に導くのか、失敗に終わるのかの分かれ道になるのは第一印象です。

見た目で勝負が決まる場合が多いのです。

ですから、時計ひとつとってもあなどれないことがわかってもらえると思います。

数千円の時計で構わないので、就活用の腕時計をひとつ手に入れて、就活をスタートしてください。

たかが腕時計、されど腕時計です。

頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です