面接会場のイス。右側、左側、どちらに立てばいいのか。その疑問に答えます。

面接会場に設置されたあなたのイス。

通常は面接官に向かって置かれています。

あなた

イスの右に立つべきかしら、左に立つべきかしら?

小さなことですが、どうしても気にかかることではないですか?

今回はそんな悩みにお答えします。

個人面接の場合:決まりはないのが結論

個人面接時の場合、イスの立ち位置に決まりはありません。

学生はあなたひとり。

用意されるイスも一つ。
面接部屋の中央に置かれたイスを見て、右か左か迷ったら、入り口に近い側に立ちましょう。
イスの右側が入り口から近ければ、右側に。
左側が入り口に近ければ左側にスーッと立ちます。

これが一番自然ですし、あれこれ悩まない答えです。

これについては特にビジネスマナー的な作法はありません。

サービス業接客のマナーには位置がある

よく、サービス業において、食事や飲み物を提供するときには、お客様の右側からお出しするようにと教えられます。

この感覚が残っているので、自分が面接で座るときにも、右か左で何か意味があるのかと考えてしまう人もいるようです。

イスにまつわるビジネスマナーでは、タクシーに乗る時の座る位置とか、応接室に案内するときの座る位置とかあります。

だから位置になにか法則があるのかと思ってしまいます。

結論から言うと、蹴活面接時のイスには、立ち位置に決まりはありません。

ですから、入り口からの角度を基準にすればシンプルです。

イスの真うしろに入り口があったらどうするか?

つまり入り口を入ったら、真正面に自分のイスがあった場合は。

この場合は、自分のきき手を基準にするといいでしょう。
あなたが右ききの人なら、イスの左側。
左ききだったらイスの右側と考えるのです。

イスに座るときに、通常はイスの背もたれにつかまって、どっこいしょと座らないですよね。

若い学生のあなたなら、あり得ません。

でも、右利きの人が何かの拍子にイスにつかまらなくてはならない時に、さっと背もたれを右手でつかめる側はどちらですか?

イスの左の位置です。

教室のイスに座るとき、食堂のイスに座るとき、あなたはどちらの手でイスを引いて座りますか?

右ききなら、右手でイスを引いて、イスの左側から座るはずです。

この感覚です。

蹴活面接では、実際にイスを引くことはありません。

つかまらないまでも、きき手を使える備えをしておくと、座るという所作がとても自然にできます。

さっそうと座れます。

とてもスマートな所作になります。

女性ならとても美しく、男性なら堂々と座ることができます。

面接に入ってからの着席までの流れ。(入室)

面接会場となる部屋に入ると、正面に面接官が座って待ち構えています。

そこにはイスが一つ置いてあります。

ドアを開け、入室し、ドアを閉めたら、

あなた

失礼いたします

と挨拶をします。

そうすると

正面のイスまでどうぞ

会社

こちらへどうぞ

会社

と誘導してくれます。
面接官達との距離は通常ある程度離れています。

「面と向かって話す」と言いますが、そこはやはり面接ですので、息がかかるような近い距離にはなりません。

なぜなら面接官はテーブルの上に書類を置きながら質問をしてきます。

聞き取った内容やあなたの印象を記入する用紙もあったりします。
あまりにも距離が近いと、それらの書類が学生からは丸見えです。

そうならないように、距離をとるのです。

面接に入ってからの着席までの流れ。(着席)

ですから、入室して部屋を見渡すと、自分のイスがずいぶん目立つような位置にあると感じます。

緊張感がマックスに到達する瞬間です。

  • そこでまごまごしたくない。
  • スムーズに着席したい。

と思うのは当然です。

先ほどお伝えした基準を頭に入れておけば、慌てることはないでしょう。

こちらへどうぞ

会社

と言われたら、先ほどの通り、イスの右か左に立ちます。
ここで勝手に座ってはいけません。

どうぞお座りください

会社

と言われるまで、イスの横に立っています。

それでは出身大学とお名前をお願いします

会社

と言われたら、「はい」と答えて、

立ったまま自分の大学名と名前を述べます。

そのあと、

ではおかけください

会社

といわれて着席します。

ここからいよいよ面接の始まりです。

まとめ

本番の面接では、面接官とのやり取りが重要であることは言うまでもありません。
第一印象よく、しっかりと自分の考えを述べることが求められます。

しかし、納得のいく面接にのぞもうと思えば思うほど、細かいことも気になります。

イスの立ち位置なんて、普段の生活では気にも留めないこと。

ですが、やはり本番の面接を想像すると気になる部分です。

特に礼儀や法則はありません。

シンプルに考えればいいのです。

  • 入り口に近いところに立つ。
  • もしくは、きき手が使える位置に立つ。

これだけ覚えておけば、入室してからもモタモタしません。

小さいことですが、ちょっと気になることを今回はお話しました。

頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です