最終面接。内定獲得のために必要なのは入社意志を伝えること

いよいよ最終面接までこぎつけた。

もう一息で内定もらえそうな地点まできた。

でも、

  • 最終面接では役員や偉い人たちが並んでいるんだろ?
  • かなり重苦しい雰囲気なのかな?
  • 一般的な質問よりも特殊な質問がきそうだけど?

そんな不安が、MAXに達するのも、最終面接を待つ数日だと思います。

でも、直前でバタバタしてもしかたありません。

もうなるようにしかならないと腹をくくりましょう。

でも最終面接の前にこれだけは準備しておくべきという心構えをお伝えします。

最終面接でよく出る質問とは

  • わが社の課題は何だと思いますか?
  • 希望の部署ではないところに配属されたらどうしますか?

本番まで時間がない時には、

とにかく、この2つの質問だけは、自信を持って答えられるように回答を準備してください。

ここを押さえておけば、多少変化球的な質問になったとしても、うまく応用できます。

どちらの質問も、企業側から見れば、その志望者の「入社意志」を確認するためのもの。

学生の「本気度」を知るための質問だからです。

理由その1:入社意志の確認

「わが社の課題は何だと思いますか?」という質問

なぜ最終面接でこれを聞くのか。

それは学生がどの程度その会社について調べているかを知るためです。
そこから「入社意志」を確認するのです。

就活の初期の段階で、「企業研究」をしてきたと思います。

収益性や将来展望をがっちり分析した人も、昔から入りたくて仕方がないとあこがれてきた人も、自分の受ける企業については大なり小なり調べてきたはずです。

最終面接の意味を考えてみてください。

企業の最終面接の位置付けは、「製品の検品作業」と同じ。
企業側はこの素材(学生)を活用していいのか、やめた方がいいのか、判断する場面です。
その為にどうしても会社側が強く確認したいことのひとつが、その志望者の入社意志なんです。

どれだけわが社に関心をもっているのかを知りたい

それを確かめるために
「わが社の課題は何か?」と聞くのです。

簡単に言えば、「どれだけうちの会社のことに関心をもってるのか」

状況確認をするためです。
それによってどのくらい会社に関する理解度があるのかを、会社側は知りたいのです。

そこから本気度を確認したいから。

でもあわてなくて大丈夫。

企業研究をしっかりやった会社については、本業やCSRなどの周辺ミッションについても、詳しくわかっているはず。

  • ホテルチェーンなら
    そのホテルチェーンのブランド別展開を確認しておくとか
  • 自動車販売会社なら
    取り扱う自動車の車種を、全部覚えなくてもいいから、主要な車種を知っておくとか
  • 旅行会社なら
    今力を入れているのはインバウンドなのか、MICEなのか・・・とか

それほど深くなくても構わないので、どれか一つを例に出して、それについてのコメントできるようにしておくと安心です。

その上で、

「わが社の課題は何か?」

と聞かれたとき

  • ホテルチェーンの場合なら

「今後需要が見込まれる沖縄方面へのチェーン展開が必要かと考えました。」

  • 自動車販売会社の場合なら

「電気自動車の存在を、消費者目線でもう少しクローズアップが 必要かと考えました。購入検討層への詳しい判断材料になると思います。」

  • 旅行会社の場合なら

「東京オリンピック以降のインバウンド戦略について。どのあたりに 力を入れるのかを、明確にし、積極的に打ち出すのはどうでしょうか」

たとえばこんな風に答えられると、真剣に考えているということを分かってもらえます。

大学で経営論などを専攻し、個別にその企業のことを卒論のレベルで研究している場合は別です。
卒論のテーマをわかりやすく説明すればいいと思います。

就活の通常の企業研究であれば、興味を持った一部分を切り取って説明するので構いません。
何らかのコメントを言えるようにしておくと強いでしょう。

「特にありません」は避けなければならない

会社

わが社の課題はなんでしょうか?

と聞いているのです。

避けなければいけないのは、

特にありません

キミ

で終わらせること。

これでは、

御社への強い入社意思があります

キミ

と口で言っても、説得力に欠けてしまいます。

要は、

  • この学生はかなりうちの会社のことを調べてるな
  • ほんとに入社意思はあるんだな

と思ってもらえることが大事なのです。

理由その2:本当に入りたいかどうか

「希望の部署ではないところに配属されたらどうしますか?」という質問

あなたの本心として
●地元や首都圏から出たくない
●親元から通勤したい
●事務職希望
●接客希望
など誰でも入社後のイメージは持っています。

しかし、

そもそも入社できなければ全ては始まらない。

就活生は内定をもらわない事には、入社してからの環境のことなどはすべてタラレバの話になってしまいます。

キミ

ひとり暮らしは大変そうでやっていけない

実際にこんな気持ちも入り混じるところですが、そういう気持ちは最終面接の段階では出してはダメです。

会社の職場配属や人事異動などは、その時にならないとわからないもの。
私が企業サラリーマンをやっていた時、異動の5日前に言い渡されたこともありました。

そんなことは入社してみないとわからないってことです。

だから、ここでは不安なそぶりは全く見せずに、
「是非どこの職場でも力を発揮したいと考えています」
「どんな業務も経験だと考え取り組みます」
と自信をもって即答して欲しいのです。

繰り返しますが最終面接で企業が押さえたいことは、志望者の入社したい意向(入社意志)。

簡単に言えば、

「本当に君はわが社に入りたいのか?」

の気持ちのこと。
そう、ここでもぜひ入社したいという強い意志を感じてもらう必要があるのです。

これまでの蹴活の過程を振り返ると

これまでの過程を考えてみてください。
とうとう最終面接に呼ばれた!
今までの苦労が実ったうれしい気持ち!
エントリー⇒説明会⇒Webテスト⇒1次面接⇒グループワーク⇒2次面接
思えば長い道のりだった。

そのつど真剣に準備をしてのぞんだつもりだったが、不安もあった。
そして、やっと「次は最終面接に来ていただきます」の連絡。

感激な気持ち・誇らしい気持ち半分。
でもまだゴールではない不安感が半分。
ここはなんとしても自信をもって面接にのぞみ、絶対に内定を欲しいところですね。
そんなタイミングが最終面接の瞬間なんです。

だから、熱意と自信をもって
「御社にぜひ入社したいです。」
「御社でぜひ働きたいです」
という意思表示をしてください。

面接での質問のバリエーションとしては、こんな感じを想定します。

「わが社は全国展開をしている。地方支店への配属もあるがいかがですか?」

「事務職を希望していますが、営業を担当してもらうこともあります。いかがですか?」

ここはまったく迷いも見せずに回答してください

「どの支店でも、全力で仕事に取り組みたいと考えています」

「多くの経験を積み重ねることが大切だと考えています。是非営業をやらせていただきます」

よく最終面接の望む態度として、

●明るく
●大きな声で
●ハキハキと

で受け答えをするように指導しています。

これにも理由があります
入社意思をしっかりと相手に伝えるためには、堂々とした態度が求められるからです。
自信なさげな態度、迷いがありそうな態度では、会社は評価をためらうはずです。

気持ちを面接官に感じ取ってもらうことが必要なんです。

まとめ

企業における最終面接の位置づけは、「最終的な検品作業」と同じとお伝えしました。
この素材を活用していいのか、やめた方がいいのか、判断する場面です。

  • 大切なわが社の人財として、会社の役に立つ仕事をしてくれるだろうか。
  • もちろん今は学生ではあるが、その可能性をもっているのかどうか。

それを確認するために聞くのが、最終面接です。

簡単に言えば、

「本当に君はわが社に入りたいのか?」

の気持ちのこと。

当然入りたいからエントリーした訳であり、ここまで面接にも臨んできた訳ですが、企業としては当然その心の中を知りたくなるもの。

だからその入社意思を最終面接で確認するのです。

一般的に最終面接の面接官は、役員クラスの上層部が担当することが多いです。

なぜなら、人事部の人たちが、時間と労力を使って、未来の社員たちの原石を見つけてきた訳です。

苦労して発掘してきた学生を、最後に会社の偉い人達にオッケーをもらう作業が最終面接ともいえるのです。

日常の仕事でも同じこと。若手社員が一生懸命営業活動を行ってきた契約や取引先との契約や売上実績を見て、上層部は次の年の戦略や事業展開を役員会で決定しますよね。

新商品の開発も、若手社員の企画やリサーチから始まって、商品をコツコツと開発し、消費者の声も調べながら、最終的に売り出す商品を確定します。

その時にも役員会にて最終決定されます。

会社の採用活動も全くそれと同じなのです。

君は本当にわが社に入りたい意思があるのか?

会社

の役員からの質問に、

キミ

ぜひ御社に入社して会社の発展の一翼を担いたいです

と堂々と答えられる準備をしておいてください。

今からでも十分に間に合います。

頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です