客室乗務員になるなら、「あこがれ」は言ってはいけない志望動機だ

CA受験で必ず問われる志望動機。

どんな志望動機が合格につながるのか気になりますよね。

なりたい職業とかあこがれの仕事を目指すのには、理由なんていらないと思います。

あなた

なりたいから受験してるんですよっ!

って思っていませんか。

でも

なぜあなたはCAになりたいのですか?

会社

面接では志望動機を必ず答えられるようにしておく必要があります。

志望動機は人によっていろいろです。

でもやはり説得力のある内容を答えたいものです。

今回は望ましい志望動機NGな志望動機についてお伝えします。

CAの志望動機:「あこがれ」を入れない(NG編)

NGな志望動機とは。

それはずばり「あこがれ」を理由にすることです。

もちろん、子供頃の夢として、人はなりたい職業を一度は夢にえがくもの。

CAもその一つだと思います。

きっかけも、テレビドラマでCAの職業を知って、さっそうと空を飛び回る姿をカッコいいと感じるのは当然です。

普段行くことのできない世界中の国々を訪れたり、普通の人々ができない体験をうらやましく思うことにあります。

子供のころ抱く夢というのは、自分の職業として具体的に目指すものではありません。

Jリーガーになりたいとか、アイドルになりたいという純粋な夢です。
CAへのあこがれはこれと同じ。

そこには職業としての意識はまだないと思います。
「いいなー」と思う「あこがれ」の段階です。

CAの志望動機:職業としてのCAを意識しないとダメ

いまCA受験を目指そうとしているあなたは、職業としてのCAを選択しようとしています。

ですからその志望動機は「あこがれ」のようなぼんやりした理由では、現実の世界では通用しません。

就職活動とは、

  • あなたを採用したらどのように会社に貢献してくれるのか
  • 会社にとってどのようなメリットがあるのか

を企業側が確認して、この人を採用しようと判断することです。

「あこがれ」だけでめざして来た人が、自分のところの会社に貢献してくれると面接官は思うでしょうか。

「あこがれ」だけでは仕事はできないのです。

なので結論から言うと、
「あこがれ」を志望理由にしない方がいい。

つまり、CA受験で「あこがれ」を根拠とする志望動機はNGということです。

CAの志望動機:「あこがれ」系とはこんなかんじ

「あこがれ」が先行する志望動機にはどのようなものがあるでしょうか。

よくあるパターンは、

幼いころ両親に連れられて乗った飛行機の中で、優しいCAさんに世話をしてもらった体験が忘れられなかった。自分も大きくなったら、こんな女性になりたいと思いました

幼いころのきっかけを志望動機にするパターンです。

もちろんきっかけは否定しません。

ものごとの初めはなにかしらのできごとがありますので。

きっかけとしてずっと願ってきた「CAになる自分」。

おとなになる過程でも、CAのことだけを意識してきましたというパターンもあるでしょう。

でも「あこがれ」を「あこがれ」として持ち続けてきただけの話です。

面接官:「あこがれ」系志望動機をどう思うか?

このように実際のCA採用試験の面接で、志望動機として「あこがれ」を理由に話をされると、面接官としては聞く意欲が急に落ちてしまいます。

あーっつ、また出た!

会社

と思うのです。

気分がサガります!

面接官が聞きたいのはそこではありません。

CAという仕事の世界で、

  • 具体的にどのようなアウトプットができるのか
  • お客様をどのような気持ちにすることができるのか

を知りたいのです。

かりに晴れてCAになることができて、大満足しているあなたがいても、

  • お客様の満足感につながるでしょうか。
  • 会社として価値を感じるでしょうか。

CAとしてのあなたの仕事がお客様に価値観を与えるのであり、会社に貢献しているといえるのです。

ではどのようなCAの志望動機が望ましいか

CAの仕事をすることで、

  • どんな結果が出せるのか。
  • 周囲にどんな貢献ができるのか。

これが相手に伝わらないと、この人物を採用しようということにはなりません。

CAであれば、

  • この人が制服を着て機内でお客様にどんな対応をしてくれるのか
  • この人の対応でお客様はどんな気持ちになるのか

がはっきりとわからないと、採用するという判断にはなりません。

その人物の価値です。

つまり、「あこがれ」しかない志望動機では、その人の価値は見えてこないのです。

CAの志望動機に必ず入れてほしいこと

ですから、志望動機を考えるときには、自分がCAになったら、こういう働きをしたいとか、こういう気持ちをお客様に感じてもらいたいというあなたの仕事に対する価値を必ず入れてください。

例えば、

CAとしてお客様に快適性と安心感を同時に感じてもらうように、ゆっくりと相手の目を見て会話することを機内で心がけたい

多様性のある機内において、世界共通である心の感動をお客様にお届けするために、常に気持ちに寄り添った言葉がけを、多言語でできるようにしたい

あなたが、機内にいるだけで、その機内に何かしらのメリットが発生するような働きをしたいというメッセージを志望動機に込めるのです。

まとめ

CA受験にのぞむにあたって、どのような志望動機が望ましいのかについて、基本となる考え方を今回はお伝えしました。

志望動機が「あこがれ」の職業だからというのは、完全なるNGです。

「あこがれ」の職業ではありますが、志望動機が「あこがれ」では合格できません。

アイドル歌手になりたかった子供のころの夢と同じになってしまいます。

CAという職業を通じて、会社やお客様にどのような貢献ができるのかを明確に伝えなければなりません。

まずはその部分からしっかりと練り直してください。

志望動機の好ましい例については、継続して詳しくお伝えします。

頑張ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です